アトリエシリーズやゲーム音楽の話など

Ultimate Rondo



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


Twilight Ocean シャリーのアトリエ ボーカルアルバム 全曲レビュー

もう2週間ほど前ですが、シャリーのアトリエが発売されましたね!
ゲームはもちろんですが、アトリエでは音楽も見逃せません。
黄昏シリーズではサウンドトラックとボーカルアルバムの2本立てとなっていますが、
全曲レビューもしやすいので、まずはボーカルアルバムについて語りたいと思います。

終盤のあんな曲やこんな曲もレビューしているので、
けっこうゲームのネタバレありです。


IMG_0051.jpg
黄昏シリーズのOST&ボーカルアルバム一覧。
今回もOSTとボーカルアルバムがつながるデザインになっています。
姉妹・男女の主人公・女の子2人の主人公、の3作品で
距離感が描き分けられているのがすごく良いですね。

1. Intro ~緑叶~
初曲はインスト。作曲は浅野隼人さん。
タイトルは「黄昏」を乗り越え、緑あふれる世界を求めて、という意味でしょうか。
「赤光」とメロディがリンクした、爽やかなピアノ曲です。

2. Rusty Sky
MatryoshkaによるOP曲。
「さびついた空」というタイトルのごとく、
荒廃した、しかしどこか美しい世界をスローモーションで見ているような曲。
ゲームOPでは聴けませんが、最後の展開(歌詞のFading light…以降)に
切り替わる瞬間の雰囲気がすごく好きです。

3. アシンメトリ
アーシャから連続参加のチリヌルヲワカによるアバンタイトル曲です。
私の中では「アシンメトリ」って言葉が、
まさにシャリーとシャリーの関係にリンクするんですよね。
不安、旅路の始まり、決意。そういう意味ではステラの心境により近いのかなと思います。

4. みるいろの星
エスカ&ロジーから連続参加の南壽あさ子さんによるイベント曲です。
シャリーが出る前から本当に好きで、ボーカルアルバム待ちきれずシングル買いましたw
ある種の諦めや後悔も受け入れて、それでもしっかり前を向いて進んで行くための活力をくれる。
この曲のオアシスのような爽やかさは、まさにステラードの雰囲気だと思います。

5. 希う船
アトリエではお馴染みの霜月はるかさんがボーカルを担当するユニットcanoueによる
イベント曲です。斜めになっちゃうロッテかわいい。
今回のボーカル曲の中で一番明るい、前に前に向かう曲です。
「暮れてゆく世界でしか出逢えない色がある」という歌詞がありますが、
黄昏シリーズの魅力ってまさにこの言葉に詰まってると思うんですよ。

6. Aquamarine
アーシャから連続参加のAnnabelさんによるイベント曲。
作詞は青木香苗さん、作曲は阿知波大輔さんです(と一応名義通りに書いてみる)
ゲームではハミングver. で、終始穏やかな曲調ですが、
アルバムver. は後半からエンジンがかかって、最初聴いたときはびっくりしましたw
ゲームでは歌詞がないにしても、1番と2番の対比は
やっぱりこれが流れるイベントを意識してますよね…。

7. SAY YOU
みみめめMIMIによるイベント曲。
どことなく少し前のJ-POPっぽい香りが。自分にはかなりストライクな音楽。
素の感情を訴えるようなボーカルと、美しく丁寧にまとめられた音が魅力です。
すっごい細かいお気に入りポイントを挙げると、
2番サビに入る直前に右耳で鳴ってるギター。こういうのたまらない。

8. 渇きの輪郭
エスカ&ロジーから連続参加のACRYLICSTABによるボス戦曲。
「無限大クロニクル」も大好きなんですが、ゲーム中だといかんせん短かった。
今回はボス戦曲ということで(しかも1周目はけっこう苦戦した)、たっぷり堪能できました。
戦闘中にこの曲がDメロに差し掛かった瞬間、
「この曲でボス戦ができて幸せだ」そう思いましたね。本当に。

9. Narcolepsist
Matryoshkaによるラストダンジョン曲。
ナルコレプシーは一種の睡眠障害を指す言葉で、
不安定な精神世界を表現したような曲です。
ラストダンジョンの雰囲気としては申し分ないですが、
キャッチー&ファンタジーなアトリエサウンドにどっぷり浸かった私は
ちょっとこの世界を受け取るのに時間がかかりました…w

10. Luto~統治するもの~
maoさんによるラストバトル曲。
作詞は花野十三さん、作曲は柳川和樹さんです。
"真化"ののち、maoさんのボーカルが流れ出す瞬間がたまらない。
歌詞を読むとわかりますが、この詞は「敵」目線なんですよね。
ゲーム中では彼についてそこまで深い描写がないので、
この詞を読んでゲームのイメージを膨らませるのも、1つの楽しみ方ですね。

11. Last Wanderlust
MatryoshkaによるED曲。
wanderlustには「旅心」「放浪癖」といった意味があるようです。
ED映像もあいまって、これまでの道のりをじっくりゆっくり思い返すような、
本当に穏やかな、穏やかな曲です。
まあ歌詞を読むと、そう穏やかでないのかもしれませんが…w

12. Outro~東雲~
柳川さんによるインスト曲。
東雲(しののめ)は地名などでもありますが、夜明け空の意味があります。
黄昏を越えた先の明るい世界、という意味が込められているのかもしれません。
この曲の最後のメロディ。黄昏プレイヤーならきっと感慨深いはず。
「アーシャのアトリエ」のタイトル画面の曲、「献花」のフレーズですね。
ここでこの曲を持ってくる柳川さんのセンス…。恐るべし。


=総評=
アーシャ・エスカ&ロジーと良曲揃いだったボーカルアルバムですが、
今回も素晴らしい曲ばかりでした。
もちろんアトリエサウンドファンのひいき目は存分に入っておりますがw

アーランドシリーズまではボーカル曲も少なく、作曲はほぼガストチームでしたが、
アーシャからは「タイアップ」という側面の強い、ガストチーム外の制作曲も増えて
シャリーではインストを除けばガストチームの曲は2曲だけとなりました。
これはちょっと寂しいな、とは思っています。

タイアップ曲も、黄昏シリーズの雰囲気をすごく大事にしてくれています。
(アーシャやエスカ&ロジーから連続参加のアーティストさんは特に)
でも「夢を織る家」や「メトロ」みたいな、本当にゲームとリンクして作られた曲は
やっぱりアトリエにはなくてはならない音楽だと思うし、
そういう曲が書けるのはやっぱりガストチームの方々かなあ、と。
今後とも、全力で応援しております。素晴らしい曲を期待しております。


以上、シャリー ボーカルアルバムのレビューでした。
サウンドトラックのほうも、何かしらの感想記事を書きたいなあ。
  1. シャリーのアトリエ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
スポンサーサイト


アトリエシリーズ アートギャラリーに行ってきた

GameLife阿佐ヶ谷で開催されている、
「アトリエシリーズ アートギャラリー」に行ってきました!
イベント公式サイトはこちら
一部の展示を除いて撮影OKだったので、ちょっとだけ写真も紹介。

まずはアトリエシリーズのイラスト展示。
keyvisual
こうして16作品が並ぶと、なんかしみじみとしますね…。
他にも壁一面使ってたくさんイラストが展示されていました。
7/22からはイベントスチルに切り替わるそうなので、また見に行きます。

続いてアトリエ風の撮影コーナー。
desk
試験管や乳鉢などの小道具を手に取って撮影できます。
ちゃんとたるもあります。たーる!
taru

他にも、
・ロロナ、トトリ、メルルのフィギュア展示(ねんどろいどトトリかわいい)
・エスカ&ロジーのアニメ絵コンテ展示(今は1話~6話とOP)
・シャリーの試遊コーナー
・メッセージノート(りえしょん・岡村Dのコメントもあるよ!)
・グッズ販売
などなど、盛りだくさんです!

会場内のBGMは、ちょっと懐かしめの作品のボーカル曲でした。
ゲーム試遊もあるので、音量は控えめ。
不勉強なものでパッと分からなかった曲もありますが、
エリーの「まわれロンド」、ユーディーの「エーレ・グラムナート」、
ヴィオラートの「この青い空の下」、イリス2の「Eternal Story」などなど。
特に「まわれロンド」は大好きなので、聴けて良かったです。


グッズもいくつか買ってきました。こちらは自宅で撮影。
goods
缶バッジがでかい。最初は立て方が分かりませんでした。
ニオのノートはゲーム中のメモとかに使おうかな。
クリアファイルは表裏両面で16作品の主人公が載ってます。
左下のカードはグッズ購入特典です。

開催期間は7/30まで。
7/22からは、
・展示イラストがイベントスチルに
・アニメ絵コンテが7話~12話に
・グッズ購入特典カードが別イラストに
などなど、色々変更点があるので、また行こうと思います。
その頃にはシャリー出てるんですねー。
  1. アトリエシリーズ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
関連記事


新ロロナ 最大ダメージに挑戦 5

第3回(スケさん)でやったことをタントさんでやってみました。
ごめん、正直タントさんなめてた。
戦略は前回とほぼ同じです。

PT:ロロナ、タントリス、エスティ

タントリス:主役
魅惑の篭手
ヒーローマインド、フェイタルペイン、パワーヒッター、毒炎の力、攻撃力ブースト
守護者の衣装
ソニックムーブ、攻撃力ブースト、攻撃強化、重量感ある、攻撃力+3
英雄のメダル・グナーデリング(特性共通)
風・魔・炎の言霊、攻撃力ブースト、出来が良い
2014-07-02-223741.jpg
武器のヒーローマインドは攻撃強化とどっちが良いか未検証。
→追記。ヒーローマインドの方がダメージ高かったです。

エスティ:ラブショッカー&女性キャラ(タントリスのスキルに影響)
友情のペンダント(友情の印)
ブレイブマスク(アシスト強化、空の言霊)

トトリア風ブランチ:火力ブースト用
ゴッドブレシング、ファイナルエース、ランクスペシャル、シングルボーナス、最後の一撃

相手:オーツェンカイザー

流れ
バトルソングでタントさんのゲージ溜める
→虹雷を1回以上撃たせて敵のレベルを上げる(ヒーローマインドとメダルのため)
→ラブショッカーを入れる
→タントさんのレベルが下がってない状態でブランチ食わせる
→必殺技でクリティカルを出す

2014-07-02-223534.jpg

86162。 えええええええええええ。
タントさんすごい。

前回のスケさん(39947)が霞む数字ですが、
まあ、スケさんの必殺技は多段ヒットでしたからね。
なんで最初スケさんで試そうと思ったんだろう自分
必殺技1ヒットで火力あるキャラだとこれくらい入る、ということで。
これを超えるかもしれないのって誰ですかね。アストリッドとか?

もし動画で撮れたら動画で紹介したいんですけどね。Vitaだしなあ。


**追記**
同じ条件でアストリッドだと70468ダメージでした。
2014-07-03-204247.jpg

2014-07-03-204208.jpg


**追記2**
リオネラだと78043ダメージ。りおちゃんって素の攻撃力めっちゃ高いのね。
2014-07-04-011543.jpg

2014-07-04-011415.jpg
  1. 新・ロロナのアトリエ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
関連記事


エスカ&ロジーのアトリエの音楽を語りたい 4

第1回第2回第3回に続き、エスカ&ロジーのアニメ・ゲームの音楽を紹介します。

ひとまず紹介として、youtube・ニコニコ等で聴けるもののリンクを貼りますが、
この記事を見てゲーム・アニメのサントラを買ってくれる人が、もしいたらとても嬉しいです。

5. Downburst
初登場は7話のリンカさん戦闘シーン。
その後も多くの場面で使われ、ニコ生でのコメの評判もとても良かった曲です。
公式サイト で試聴ができます。

この曲は、ゲームにおけるエスカ編の通常戦闘曲「Updraft」と
フレーズがリンクしています。作曲は柳川和樹さん。
曲名も、Updraft(上昇気流)とDownburst(下降気流)で対になってます。

ゲーム中で読める作曲者コメントには、
「カッチョイイというよりは、女の子が走り回って杖でぼこすか手数で勝負!
 みたいなわたわたした感じが出ていたら良いかなーと」

という言葉がありますが、めちゃくちゃカッチョイイです。
しかしそのフレーズを活かしつつ、さらにさらにカッチョイイ寄りに振ったのが
アニメの「Downburst」という曲なのです。


「Updraft」と同じく、柳川さん作曲の通常戦闘BGMに、
「トトリのアトリエ」の「Yellow Zone」「Red Zone」があります。
自分より敵のレベルが低いとYellow、高いとRedになります。




これはディレクター(たぶん岡村さんですかね)からの
「女の子っぽいイメージを保ちつつカッコイイ系で」
という要望を受けて作った曲らしいです。(サントラのコメントより)
先ほどの「Updraft」と、目指したイメージがけっこう似てますよね。
トトリの作品としての人気も相まって、非常に人気の高い曲です。

通常戦闘曲って、RPGの音楽ではかなりウェイトが大きいと思うんです。
もちろんラスボス曲とかのほうが、インパクトがあるかもしれませんが、
何だかんだRPGやってて一番多く聴くのは通常戦闘曲なのでは?
(でも、アトリエシリーズの場合はアトリエの曲かも)
なので、通常戦闘曲が好きになれるゲームは良いゲームだなと思います。

「Downburst」「Updraft」の紹介と、
同じ作曲者さんの通常戦闘曲繋がりで「Yellow Zone」「Red Zone」の紹介でした。
  1. エスカ&ロジーのアトリエ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
関連記事

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。